不登校という現象

不登校というと一般的には縁の無い言葉であるかのようにも感じるでしょう。
しかし、ある日突然それが我が子に起こってしまう事があるのです。
そのような事が起きたしまった時にそこからの解決手段の一つがフリースクールという存在です。
しかし、なぜ不登校という現象が起きてしまうのでしょうか。
先ず、ここの要因を見極めておかないと根本の解決には至りません。
それが大人には分からないままに進んでいってしまうのです。

先ず、不登校という現象をなぜ発生させてしまうのかを考えておかなければなりません。
私たち大人であっても会社に行きたくない時などは当然有るものです。
しかし、それは大人である事がそれを良しとはさせないでいるのです。
自分の意思で有り責任感や世間体が抑制効果をもたらしてくれていると言う訳です。
しかし、小学生や中学生ではまだそこまでの精神的な発達には至っていません。
良くない事は分かっていてもそれを解消させる力が未だ備わっていない段階にあるのです。

かつてはガキ大勝という存在がありました。
この存在が地域の子供のコミュニティの中での調整役を果たしていました。
例えは正しくありませんが猿の群れのボスのようなものでした。
彼の判断はそのグループ全体に浸透したのです。
そして、その地位に就く事はただ単純に力が強いと言うだけでなく考える力や折衝力などが総合的に判断され自然とガキ大勝になっていたのです。
そして、その存在は大人たちからも暗黙のうちに認められていた為に子供のコミュニティでの大切な位置となっていました。

Copyright © 2014 不登校の子のためのフリースクールとは All Rights Reserved.